簡單來說,就是GA君在闡述自己扮演謙信的感想。
面對著毗沙門堂的摩護火燄,虔誠的心油然而生,
順便也說了自己禁慾的生活,
尤其是不吃澱粉、每天只睡兩三小時,就連MANBER到他家也必須接受同等荼毒的事情
而最重要的一句是,他居然說自己這樣.....

身體還是沒有變不好啊!

屁!(請容我粗口)

GA君!你對身體不好的定義是什麼啊!!=口=@m
你一點都不認為自己每次演唱會必定昏倒不是身體不好的關係嗎!?
你不知道你害怕腳底按摩是因為你全身都有問題嗎!?
你對身體不好的定義到底是啥啊!!!

以下原文偷連囧

5月28日 長尾景虎(上杉謙信)役 Gackt

ストイックな生活

 


景虎が毘沙門堂で護摩を焚(た)き、真言を唱えるシーンを収録した。スタジオのセットとはいえ、やはり毘沙門天像を前にすると背筋がぴんと伸びる。そして 景虎が“自分を律するため”に、毘沙門天像と向き合っていた気持ちがとてもよくわかる。僕も日々ストイックな生活を送っているからだ。

  なぜ自分を律するのか。それは、僕が自分で自分の“だらしない部分、心の弱い部分”というものを理解しているからだ。それが出てしまうことを恐れる臆病で 小心者の僕は、そんな弱さ、だらしなさを出さないために、自分にルールを課している。そのルールに則った毎日を送るというのが僕の生活スタイルだ。
 たとえば食生活。僕のルールでは1日1食で炭水化物を極端に制限している。特に米はもう10年近く口にしていない。1日の睡眠時間も大体2時間から3時 間。夜1時ごろ寝て朝は3時か4時起き。スタッフが僕の家に来るので一緒に3時間ぐらいトレーニングをしてから仕事に向かう。
 体をこわすのではないかという人もいる。しかし僕はこの生活をずっと続けているし、これで体が悪くなったことは一度もない。むしろ体調がいいくらいだ。 これは意志の力で続けているというより、本当に体も心も鍛えることの出来る生活だと思っている。律すれば律した分だけ、心も体も真っ直ぐに向かっていくこ とができる。
 人間は歳を重ねていくごとに感覚が鈍くなりがちだ。僕は自分の感覚が鈍くなることにも恐怖を感じる。だからこそ、常に自分の感覚を鋭く研ぎ澄ませておくためにも、ストイックに自分を律していきたい。


-----
創作者介紹

某冬的普級窩

salaj 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()